便利屋ブログ

便利屋は愛と人情に溢れてる!絶対見ておくべき映画2本!

さてさて、作品紹介第3弾になります。

過去の紹介記事はこちら
http://benriguilde.com/book/ 
http://benriguilde.com/manga/ 

今回は、映画のご紹介。
便利屋という仕事は、密に人対人での関わりがあります。
そんな便利屋と依頼主との関係を描いた作品をピックアップ!

まほろ駅前多田便利軒

まほろ駅前多田便利軒/大森立嗣

映画セトウツミでも有名な大森立嗣監督の作品。
主演は瑛太と松田龍平。東京都町田市がモデルとなっている。

あらすじ

まほろ市の駅前に位置する便利屋、「多田便利軒」。その経営者である多田啓介、そして彼の元へ転がり込んできた行天春彦。二人の下へ舞い込んでくる、どこか奇妙で、きな臭い依頼に係わっていくうちに、さまざまな人間模様が見えていく。

この作品は元が小説であり、映画化の他にも漫画やドラマ化もされている人気シリーズ。
作品の中で、
『美しい杯を汚してしまえ、それが生きるということだ』
という言葉が出てきます。
ここだけ聞くと内容気になりますよね!?
熱い人間模様ではなく、沸々と湧き上がる内側にある想いも楽しめる作品です!

便利屋エレジー

便利屋エレジー/土田準平

鈴木貴之を主演に迎え、ダレノガレ明美の映画デビュー作品でもある。

あらすじ

便利屋「ロッキー」のメンバーである山田幸一・佐藤努・鈴木由美子。
ある日、私設託児所で仕事をしていた3人の元に、由美子の友人であるシングルマザーの親子が。その息子が”パパに会いたい”という心からの依頼によって、便利屋「ロッキー」が動き出す!

去年公開されたばかりの便利屋エレジー。
笑いあり、涙ありのヒューマンドラマ!
『困ってる人を助けるのが便利屋の仕事』
という、便利屋の考えの根本を伝えてくれる、そんな作品です。

まとめ

どちらの作品も便利屋という仕事を忠実に、心情は繊細に描かれています。

あまり身近に感じていない方もいらっしゃると思いますが、是非この2作品を見ていただいて便利屋のことを知ってもらえればと思います。

まずはLINEで友達追加を

仕事の依頼はLINE@にて受付ます!友達登録、気軽にご相談お願いします。

@benri_guild
(アットマーク含めて検索お願いします。)

友だち追加
ABOUT ME
さくら
さくら
便利屋ギルドの女性スタッフ。エビが大好きで、トマトが大嫌いです。フットワークの軽さは誰にも負けません。